何でも日記(アニゲ編)
ポケモン,アーケードゲーム等をテーマにした記事を書く予定です。更新は,ネタ次第。本業が忙しいけどまだ続いています。HNのハガキ,元々は懸賞が趣味で,はまっていた時代があったのですが,飽きました。今の懸賞はメールになってきています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#QMA の店舗大会について(大会企画のこと)
Twitterなどではそれとなくつぶやいていましたが、これからのこと考えるとまとめたほうがいいかなと思いました。遠征などでいろんなとこ回るといろいろ話を聞くことが多く、それらをなんだかの形でまとめる必要があるかなと感じているところがありました。
QMA自身がどこまで続くのかがわからない状態ですが、QMAに限らずに店舗大会やイベントなんかでも共通点は多いかと感じます。
ルールなどについてはこれをご覧ください記録用紙についてはこれになります

1.店舗大会自身が常連に対する店のサービスの一環であることを忘れてはいけない。
一番の基本になりますが何回も続けていると忘れやすい項目でもあります。他のゲーセンのプレーヤーが別のゲーセンで大会を企画するのは至難の業です。特に、店舗大会でお世話になっている店の恩を忘れて、クレサやっている他店舗での廃プレーは愚の骨頂といえるかも。(常連がいなくなったことで消滅した店舗大会も聞いたことあります)
そのため、色々と話を聞き、考えないといけないことの多さに悩みつつ、現状が見えてきてからが、本当のスタートと思っています。

2.大会に使える台の数と、人数の受入限度の確認。
他ゲーム大会も同様のようですが、遠征者にとって土曜日(夕方)のほうがいいこと、日曜日なら、帰りの電車の時間のことも考慮して、予想消費時間から開始時間を逆算する必要。
逆に、家族を持つ地元に人にとっては、夜遅くなると家族に配慮が必要となるので、できれば夕飯(19時くらい?)には家に戻れるような時間にしてほしいというのがあるようです。
そして公式のイベント大会のことも頭に入れる。(そちらに集中したいという人もいる)
店の書き入れ時に割り込んでのイベントになることが多いので、考慮は必要と思います。

※ QMAの4人対戦の場合は、入れ替わり時間などを考慮して,1試合につき10~15分程度。(16人トーナメント想定で4人対戦2人抜けの場合, 7試合1時間40分程度になりますが、抜け人数の設定で時間調節は可能です)
※ 日程については、他地域の大会,別タイトルの店舗大会日程(後で困ることになることもある)も考慮し、調整を図ること。
※ それでも日程がかちあったとしても、一つの大会を店舗の利益に最大限に活用できるよう努めること。(本来の目的を見失わないこと)

3.最初の大会で基本となるものを構築すること
1回目の大会で成功することはそうそうありませんが、反省点をもとに再構築することが重要です。店によっては大会ごとにアンケートを取ってフィードバックする店もありました。あとは、それの繰り返しと思います。大会をきっかけに常連が増えてくれることも重要。
初めはうまくいかないことを前提に、参加者に意見を聞きまくって問題点を洗い出すつもりで行ってもいいんじゃないかなとも思います。礎を作り、相乗効果があれば御の字。

(1)ご新規さんを受け入れる努力を怠らない(人がいなくなると先細りする)
 未勝利戦(枠無し限定やG2入賞未経験者限定が現実的か)のような大会ができそう。
(2)猛者ほどきつくなる条件の構築(プレーヤー人口が少ない地域では肝心)
 今シリーズでの実績に応じて縛りをきつくするとか工夫が必要です。
(3)大会ルールはなるべくシンプルに
 複雑すぎるルールでプレーヤーも運営も混乱しては意味がないし、無駄に試合数増やすのも店への負担になることを頭に入れる必要があります。

最後に滋賀県のスーパーヒーロー堅田店の店舗大会の場合を紹介します。抜粋です。

2. 階級による出題形式・ジャンル選択制限は以下のとおりとする
2-a. 大白金賢者以上(Qレベル 95以上)であるプレイヤーは一度使用した出題形式ないしジャンルを以降の試合で選択することはできない(ボンバーマンルール)
2-b. 白銀賢者~白金賢者(Qレベル 70~94)であるプレイヤーは一度使用したジャンルと出題形式の組合せを以降の試合で選択することはできない(ピンポイント縛り)
2-c. 青銅賢者以下(Qレベル 69以下)であるプレイヤーはすべての試合、それまでに使用した出題形式・ジャンルによって選択に制限を受けることはない(フリー)
2-e. いずれのプレイヤーも、前a-d項の縛りにおいて現在の階級より高い階級に適用される縛りをプチ修羅の道と称して選択できるものとする

3. また、以下の条件に当てはまるプレイヤーは、階級にかかわらずボンバーマンルールを適用し、さらに選択できるジャンルへ制限をつける
3-a-i. QMAトーキョーグリモワール(以下「栗東」)および QMAワールドエボルブ(以下「ゑ」)での 全国大会称号(四神/三賢聖・賢帝・賢王・賢将・賢豪)経験者 は、初めにジャンルくじを 1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする
3-a-ii. 栗東 および ゑ 稼働期間中に 滋賀県内で行われた大会での優勝経験者(正解率限定・決勝未進出者限定・ノンジャンル以外のジャンル限定・タッグ大会を除く)は、初めにジャンルくじを1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする。これは前項に累積する
3-a-iii. 「関西杯4」「関西杯5」シード権保持者・本戦出場者 、および 「賢竜杯:XI」「賢竜杯Xii」特別招待枠・シード権保持者・本戦出場者 は、初めにジャンルくじを1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする。これは前項に累積する
3-b. 前a項に当てはまらないプレイヤーでも自己申告により修羅の道を選ぶ者は、ジャンルくじを 1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする

6. 補則として以下を定める
6-a. 出題形式の選択制限の基準について、以下のように定める
6-a-i. 魔導士以上(Qレベル 35以上)のプレイヤーについては、選択画面に表示される縦一列の個別形式を全てひとつの形式と見なす。(○×・四択・連想はいずれも同じ形式、いわゆる高火力)
6-a-ii. 魔術士・魔法使い(Qレベル 34以下)のプレイヤーについては、各形式はいずれも別の形式として見なす(○×・四択・連想は各々別形式、いわゆる低火力)
6-b. 出題の難易度(EASY/NORMAL/HARD)については、出題可能な範囲でプレイヤーが任意に決定できるものとする
6-c. ジャンル縛りのためのくじは、以下のように定める
6-c-i. 使用するくじの種類は、ノンジャンルを除く 7種類とする
6-c-ii. ジャンル縛りのためのくじ数はプレイヤーの自己申告により増やすことができる。ただしくじ数はひとり 4本までとする
6-c-iii. 過去の堅田大会でジャンルくじを 4本以上引いて優勝したことのあるプレイヤーは、階級が賢者に到達していれば、ジャンルくじ 4本とともに下記条件のいずれか低い本数以下の出題形式くじを引き、該当するジャンル・形式を大会中使用不可とすることができる
・過去の堅田大会優勝時にひいたくじ総数から 3 を減じた本数。5 から一人あたり最大試合数を減じた本数
スポンサーサイト

テーマ:クイズマジックアカデミー - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hagaki.blog52.fc2.com/tb.php/749-311885fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハガキ

Author:ハガキ
北陸に移住し何年もたちました。H27.3に開業となる北陸新幹線に間に合わせようと、いろんなところで再開発が進んでいるようです。家関係の値段も上がった。
QMA、AnAnの試合結果の写真に関しては、主催者等の許可が取れたものについて載せる予定です。
さすがにひどいものは自分から直しますが、それ以外に気になるところがあったら連絡ください。

あと #アロエちゃんいぇーい

ツイッター http://twitter.com/hagaki50

クイズマジックアカデミー暁の鐘(AC)
メイン:だいにしゅUびん(クララ)(サブもあり)
厳しすぎる仕様、ストーリーのなさ、絵・音楽の劣化など散々言われているのを聞きますが、こちらも長く付き合っていた故何とか対応しようと頑張っています。
ところで「暁の鐘」ってなんだろう?昇格のためのベルのこと?

クイズマジックアカデミー天の学舎(AC)
メイン:だいにしゅUびん(アロエ)(転生前はセリオス。サブもあり)
ここはH26.3からの値上げがすべての運命を決めてしまった気がしました。トナメ、協力プレー環境も崩壊。恩恵を受けている身分とはいえ、人が離れないようバラ撒いているように見えます。
音ゲにおいても、○曲保障、解禁の難易度低下(なくなるのではとも言われています)が進んでいます。

クイズマジックアカデミー賢者の扉Season1・2(AC)
メイン:だいにしゅUびん(クララ:転生してもキャラは変えなかった)(サブもあり)
8文字になったのでそれっぽくできるように(ry
AnAn張りのイベントが増えたけど、誕生日イベントを殺伐とさせてどーするの?

クイズマジックアカデミー8(AC)
メイン:ハガキP(クララ:黄金賢者)(サブもあり)
ディやDにしたら怒られた(´・ω・`)
近所の店がなくなり,移動に30分以上かけてプレーしている現状・・・片町近辺も再開発中です。
7までの反省を踏まえ、少しずつ調整されています。アンアン主体から少しずつ戻っていました。

クイズマジックアカデミー7(AC) メイン:リック(青銅賢者だったような)
QMA5、6の変化もひどいものでしたが、QMA7はそれを越えました。昔のキャラを中途半端に切り捨てる暴挙は許せるものでありません。
この時期はQMAから離れていて、末期に少しやったくらい。

クイズマジックアカデミー6(AC) メイン:セリオス(白銀賢者4段だったかな?)
サブジャンルの中途半端な統合、形式の中途半端な統合など、何もかもが中途半端に感じました。この頃からアンアンにシフトを移していった。
タテマチの件については、井の中の蛙だったのかも。

クイズマジックアカデミー5(AC) メイン:セリオス(黄金賢者10段)
すべては昇格試験。それに尽きます。公式でも黒歴史になったようですので、これ以上は言いますまい。

クイズマジックアカデミー4(AC) メイン:カイル(金剛賢者)
この時からやりこむ頻度が上がりました。タテマチの皆様にも感謝しています。

クイズマジックアカデミー3(AC) メイン:カイル(賢者3段)
一応2もやってないわけではないけど、(当時は格闘ゲームメインだった)ほとんど興味なし+移住+カード紛失で(ry

Answer×Answer Live! (AC)
メイン:第2種郵便(他サブあり):ヒゲ男(ゴールドプロ)
問題文もダイバー封じのものが増えすぎた感じがします。
ブロンズに上がった途端、パワーレートが易しくなりました。時代の流れなのかな。
H27.1.30に打ち切り、筐体回収となりました。いい加減なとこ多かったけど、よく頑張りましたわ。

Answer×Answer2(AC)
メイン:第2種郵便(他サブ1枚):ヒゲ男(シルバープロ(2億パワー達成))
ゴールドラッシュ大会ですべてが(ry

Answer×Answer1(AC)
メイン:第2種郵便:ヒゲ面男(アンサー5段だったかな)
ジャイアントキリング、ヒヤヒヤする要素でもありますが、この要素がなければ初心者が離れるという現実をAnAn1時代から感じています。
実は1枚目を紛失していたりする(ry

ポケモンブラック・ホワイト以降は遠征はしていないです。
ポケモン自身が自分が知っていた時代と大幅に変わっている。なんだろうこの感覚。

ポケモン(HG,SSまで)
対人対戦実績:60勝80敗(HG,SSまでの累計)
ブラック・ホワイトが発売されて1年。旧作からポケモンの持ち込めるそうですが・・・。
公式大会のフラットルール、エメラルドタイマー、プラチナタイマーなど、対人戦の必須要素が増え、対応しきれなくなりつつあります。

GREEなどソーシャルゲーム、アプリ:パズドラなど人並みにはプレーしています。ヤフオク勢うぜー。
一応、課金アイテムも使っているけど、月に数万円使用が前提のバランスでは・・・。

それ以外は・・・めんどいから省(ry



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



黒(ぶら)っく 蝶々



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。