FC2ブログ
何でも日記(アニゲ編)
ポケモン,アーケードゲーム等をテーマにした記事を書く予定です。更新は,ネタ次第。本業が忙しいけどまだ続いています。HNのハガキ,元々は懸賞が趣味で,はまっていた時代があったのですが,飽きました。今の懸賞はメールになってきています。
遅ればせながらのAnAn2総括
(H22.8.15全体的にさらに微修正)
AnAn2時代の成績公開しようと思ったら,AnAn.NETのリンクがいつの間にか消滅。公表はできませんでした。
ひどい成績だったから見ても面白くないと思っていたし,現在のLive!の成績も似た感じになってきたので,あまり意味がないように感じました。(まさか,SSリーグ開放からどんどん落ちて50%割ることになるとは)

現在,SSリーグはAnAnLive!の最上級クラスなので,レベルが高いのは当然ですが,前回対戦したプレーヤーの再対戦の機会の増加,COMのマッチ率の増加の上に,COMの強化もあっていいとこなしという感じです。
7月まではすんなり行っていたのに,上位クラスの開放をはじめとした仕様変更等で,急に変わってあたふたしています。オマケにスペシャルジャンルにも・・・これについてはファンのタイトル(1000位以内)が取れるまで頑張りますよ。お盆で帰省しているところには押せる場所はなかなかないけど。
セミプロの段位に上がって昇格スピードが落ち,苦しい思いをしているのだから,今更厄介ごとが1個増えてもあまり変わりません。そのスペシャルジャンルポイントも,最上級クラスで稼がないと伸びないところまで来ました。またダイブ大会です。おまけに連休前の忙しさという奴で,スペシャルジャンル初日にプレーできなかったという失態,出遅れてしまいました。
『参加しない』≒クソ強化されたCOM対戦(Sクラスでも『少しましな程度』です) の現状では我慢です。
スペシャルジャンル終了後は,まず傷の修復です。

それと,総括でもあらかじめ謝まります。私自身,ほめられたプレーばかりをやっていたわけでなく,行動により批判を受けることも少なくなかったです。それでも,少しずつ直してゆき,今があります。荒いところは昔からあったと思うのですが,その当時はさらに上ゆくプレーヤーがいたから目立たなかったと,コスモパーク(CP)タテマチがなくなり気づきました。気をつけないと。
AnAnの大会ですが,もう私関わらないほうがいいのかな。疫病神みたいになっていると思うこともあるし。

お盆で帰省中です。世間ではコミケがちょうど同日程スタートのようで,多くの人が来ている・・・みたいですが,私はのんびり過ごしています。コミケの渋滞に耐えられなくなった私は・・・もう年かな。OTL

(近所にQMA7もAnAnLive!も稼動していないんじゃ,どうしようないとも言えますが,)問題整理も少ししたいけど,帰省先でもやることがあったので,今まで回収した映画問題を整理して,放流対策をします。AnAnのスペシャルジャンルでも,QMAの検定問題放流と同じ現象が起こり,しょんぼりしました。(他のジャンルも一応整理したけど,JPOP問題,覚えきれない・・・)

スペシャルジャンルのまとめの詳細は別記事に書こうと思いますが,このスペシャルジャンルイベントの仕様変更は,逆効果になっているのではないかという気がしました。せめて,AnAn1のような参加賞のタイトル(野球好き,お笑い好きのように)だけでも与えてくれないかなと思いました。タワーの参加者には参加賞のタイトルがあるのだから,できると思うのですが。

話を戻します。今更感があるのですが,AnAn1,AnAn2の自分なりの総括をしようと思います。
極力簡単に済ませます。ツイッターのアカウント,まだ大丈夫かな?

先に,AnAn2の実績のほうから語ります。店舗大会では,決勝まで進んでも,優勝に届かないというジレンマ。
最近では,2人対戦で勝てない日が続いています。これに関しては,何か記録に残るものを残したいと思い,頑張っています。
公式のイベント大会やチャレンジクイズといいますと,目立ったものはAnまつりの中部大会でのベスト100というところです。後はファンやフリークばかり。
他所でも散々言われていますが,この大会については,SEGA側のルール設定ミスと思われることにより,遠征者憎しという空気ができてしまい,後に残るものになってしまったという形となりました。
とはいえ,決勝戦の公開動画を見てレベルの高さ,盛り上がりを感じましたので,第1回はこれはこれでよかったのではと思っています。仲の悪さ云々はゲームに限ったことでないです。

最後のゴールドラッシュ大会では,今までのパワーの稼ぎにくさは何だったんだということになり,複雑な気分になりましたが,SEGA側にとってみれば,それ以上プレーヤーが減るのを避けたかったのかなと思いました。あの時は1日で2000万パワー,1週間で5000万パワー以上を稼いだ凄まじい大会でした。
その結果,最終的にスーパースターが7名,ゴールドプロが169名(公式HPによる)が誕生したのだから・・・。
最終的には,メインが2億6365万パワー,サブが9933万パワー(SLTに手間取りました)となり,終了となりました。
全国順位は,メイン456位とちょっと有名なハイジンとなりました。それでもジャンルランカーに一度もなれず,地味なままで終わったので,そういう意味では『今日の問題職人』はいい手土産になりました。


次に古い話をします。私がAnAn1に初めて触れたのは今は亡きCPサンサーカスでの話です。ここにはワーナー系のシネコンがあり,映画鑑賞終了後に立ち寄り,触れたのが始まりでした。今から思うと,ここが全ての始まりだったのかもしれません。(そのルネス金沢も,シネコン以外が消滅し,現在寂しい状態です)

AnAn1当時は,難問早押し大会こそ難しい問題があったものの,全体的には難易度的に低い問題が主でした。
そうなると早押しの慣れが全てとなるのですが,この当時は問題数固定方式でなく,180秒の制限時間制。私が始めた当時の時点ですでに,時間稼ぎの目的と思われる,遅答,順番インフレや連想早押しの大量出現(当時のスタンプサービスは,カスタマイズアイテム(アバターコスは得意ジャンルに準じていました)でなく予選ジャンルの選択権)で,ストレスのほうが溜まるほうが多かったです。
それでも,何とか対応しつつあり,最終的には,アンサー5段まで上がりました。途中でカードを紛失していなかったらもう少し上がれたかもしれないですが,ここまであがれたのは,今は亡きヴィーナスステージ,CPタテマチでのAnAnの存在が大きかったと思います。ラウワンしかなかったらここまでプレーできなかったと思います。

それでもずっと続けていたのは,QMA5時代に問題化していた昇格試験の仕様で黄金10段から全然上がれないことがあったから,あまり気にならなかったということがあったからでしょう。(これのおかげで散々負け犬呼ばわりされたのもいい思い出です)
2008年12月にAnAn2が稼動した後もQMA5の昇格試験に手を焼いていた(1000回以上は止まっていたと思います。正確な回数は,数える気がなくなったので数えていません)わけですが,とりあえずはプロアンサーになるまでは続けようと思い,QMAからAnAnにシフト変更しました。
すぐに昇格できると・・・当時はそう思っていました。4人対戦での対応に手間取ったことや,その当時からすでに発生していたダイバー問題による順位変動等で,また別の意味での問題に頭を痛めていまししたが,それでも1月末にはプロになりました。
あの当時は,賢竜杯関係(AnAnのことについても,すでに知られていたことに驚きました)のこと,QMA5の昇格試験,CPタテマチでのQMA5大会の補助等で忙しかったです。賢竜杯の最終予選に当選することになったのは予想外でしたし,特急が停止しかねない大雪であったこともいい思い出でした。今は亡き越谷ソラリスに行くこともできました。

話をAnAnに戻します。プロアンサー昇格後も,更なる上を目指してプレーすることになったのですが,CPタテマチから,QMA6以降も店舗大会をするから手伝いをよろしくということになり,掛け持ちすることになりました。それで昇格自体が遅れることになりました。1本に絞っていれば,ゴールドプロになっていたかもしれないけど,そのことについては後悔していません。(QMA6でも白銀4段(今更間違いに気づきました)にあがることはできました。CPタテマチでの称号校狙いの協力が大きかったと思います)

店舗大会の参加でも,QMAに関してはLL藤江大会,LL加賀大会,AnAnに関してはセガワ金沢大会,セガワ浜大津大会等,いろいろ行き,その後の打ち上げにも参加し,主催者や他地域のプレーヤーからいろんな話を聞いたりすることも自分にとってはプラスになりました。しかし,黒い部分の話も多かったのも事実でした。
AnAn大会で多発したQMA大会のブッキング,謎の日程変更,QMA大会主催クラスの人間のセガワの接触・・・ゼロとまでは言わないまでも,solinoさんやはまろさんたちのことがあったので,このことについても違和感も少なくなかったです。これが嫌っていることや,迫害のしているとは言いませんが,事前告知しているのだから,配慮も考えて欲しいとは思いました。両方をプレーしているプレーヤーが多いというのであれば。少なくとも,タテマチ主催では考慮してきたつもりです。
その後いろいろあり(何回も語るような話ではありません),QMAのほうから手を引くことになり,AnAnのほうに身を移すことになりました。そのまま続けられると思っていたのですが,3月に立て続けに起こった,ヴィーナスステージ,CPタテマチの閉店。CPサンサーカスの悲劇再びです。

本業では年度末業務で手を焼いているのに関わらず,CPタテマチでの大会企画,告知等忙しい日々が続きました。
タテマチ第1回AnAnの大会でのこともあって,北陸の現状から,人が集まらないのではという心配もあったので,告知等で動き回り,最後の大会は盛り上げることができて,QMA6大会をはじめとした他のゲーム大会ともども,タテマチの最後を締めくくれることになりました。
(一番心配されていたのは当時の店長さんでした。AnAn第1回大会の時には撤去の話もあがっていたみたいで,その時はあせりました。これがあったからこそ羽咋で生き延びたのだと・・・信じたいです)

その後は,本業のことを考えながらプレー日々が続きます。移動手段が最大の問題になり,公共交通も信用できないこともわかっていたため,手間取りました。現状では,セガワ金沢のほうが生活分野でも都合いいのですが,閉店時間の問題から,ラウワン金沢でプレーする日々が続いています。
さらには,メトロポリスのクレジットサービスが6月に終了の話もあって,結局は誰かがプレーをして店に撤去をさせないよう頑張るしかないと感じています。
遠征先で,北陸接続が刺客並みのレア度と言われたとき,複雑な気持ちになりました。奈良県でも刺客並と言われるくらいです・・・北陸のプロアンサーなしと言われている理由がわかる気がしました。(皆様も経験したことがあると思います。福井県がなかなか埋まらないことを)
社会人ゆえに,仕事や実生活もないがしろにできません。

Live!になってからは,SEGAは迷走を続けているみたいですし,AnAnの有名店であったセガワールド光明池店が8月末に閉店という情報も入ってきて,今後どうなるかの心配があります。
SEGA側の頑張りが必要なこともありますが,それでも,自分のできることをやっていきたいと思います。
QMAも続けていますよ。ゲーム自体が嫌いになった訳ではないですから。ただ,問題制作,管理側の手抜きが目に付いてきた感じがするだけです。

QMAのほうはといいますと,かつての珍店名で話題だった松本ビートル,8月末に閉店との情報を聞きました。QMA7にならなかった時点で悪い予感はしていたのですが,またひとつのゲーセンの歴史は終わっていくのを感じました。ゲーセン自体,時代の波に勝てないのかな。

某元店員さん曰く,ここ数年の客単価が落ち,客1人ごとの消費が1,000円/日(平日)に満たない状態になっているから,商売的に苦しいという言葉のことを思い出しました。
店舗によっては,麻雀ゲームで複数クレ投入した時には食事の割引サービスを行う(雀荘と同じことを,そのままやっているという感じでした)ところもあるようで,深刻な問題のようだと思いました。
最後に(AnAn2時代の成績さらしの代わりというわけではないのですが),現段階での成績(H22.8.13)で久々やってみましたダイバーXダイバー,どうなっているのかな。

偏差値は高いほどダイバー、50で平均レベルです。
偏差値が70を超えたり、30を切っているような場合は、データの入力が間違っている可能性があります。入力が正しくてその数字の場合は、相当凄いプレイヤーです。

なまえ = 第2種郵便
予早/問題数 = 726
予早/権利獲得回数 = 388
予早/権利獲得時正解数 = 289
決早/問題数 = 267
決早/権利獲得回数 = 132
決早/権利獲得時正解数 = 107

[予選]4人早押しクイズ
ダイブ偏差値 40.16

キン肉マンに例えると 100万パワーのダイブ超人

[決勝]早押しクイズ
ダイブ偏差値 29.26

キン肉マンに例えると 50万パワーのダイブ超人

新しいタイトルを獲得しました! [石橋叩き超人]

予選の早押しと,決勝の早押しとではリスク差があるので違いが出るのかなと思いました。
スポンサーサイト



テーマ:Answer×Answer - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hagaki.blog52.fc2.com/tb.php/451-3735f74e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハガキ

Author:ハガキ
北陸に移住し何年もたちました。H27.3に開業となる北陸新幹線に間に合わせようと、いろんなところで再開発が進んでいるようです。家関係の値段も上がった。
QMA、AnAnの試合結果の写真に関しては、主催者等の許可が取れたものについて載せる予定です。
さすがにひどいものは自分から直しますが、それ以外に気になるところがあったら連絡ください。

あと #アロエちゃんいぇーい

ツイッター http://twitter.com/hagaki50

クイズマジックアカデミー暁の鐘(AC)
メイン:だいにしゅUびん(クララ)(サブもあり)
厳しすぎる仕様、ストーリーのなさ、絵・音楽の劣化など散々言われているのを聞きますが、こちらも長く付き合っていた故何とか対応しようと頑張っています。
ところで「暁の鐘」ってなんだろう?昇格のためのベルのこと?

クイズマジックアカデミー天の学舎(AC)
メイン:だいにしゅUびん(アロエ)(転生前はセリオス。サブもあり)
ここはH26.3からの値上げがすべての運命を決めてしまった気がしました。トナメ、協力プレー環境も崩壊。恩恵を受けている身分とはいえ、人が離れないようバラ撒いているように見えます。
音ゲにおいても、○曲保障、解禁の難易度低下(なくなるのではとも言われています)が進んでいます。

クイズマジックアカデミー賢者の扉Season1・2(AC)
メイン:だいにしゅUびん(クララ:転生してもキャラは変えなかった)(サブもあり)
8文字になったのでそれっぽくできるように(ry
AnAn張りのイベントが増えたけど、誕生日イベントを殺伐とさせてどーするの?

クイズマジックアカデミー8(AC)
メイン:ハガキP(クララ:黄金賢者)(サブもあり)
ディやDにしたら怒られた(´・ω・`)
近所の店がなくなり,移動に30分以上かけてプレーしている現状・・・片町近辺も再開発中です。
7までの反省を踏まえ、少しずつ調整されています。アンアン主体から少しずつ戻っていました。

クイズマジックアカデミー7(AC) メイン:リック(青銅賢者だったような)
QMA5、6の変化もひどいものでしたが、QMA7はそれを越えました。昔のキャラを中途半端に切り捨てる暴挙は許せるものでありません。
この時期はQMAから離れていて、末期に少しやったくらい。

クイズマジックアカデミー6(AC) メイン:セリオス(白銀賢者4段だったかな?)
サブジャンルの中途半端な統合、形式の中途半端な統合など、何もかもが中途半端に感じました。この頃からアンアンにシフトを移していった。
タテマチの件については、井の中の蛙だったのかも。

クイズマジックアカデミー5(AC) メイン:セリオス(黄金賢者10段)
すべては昇格試験。それに尽きます。公式でも黒歴史になったようですので、これ以上は言いますまい。

クイズマジックアカデミー4(AC) メイン:カイル(金剛賢者)
この時からやりこむ頻度が上がりました。タテマチの皆様にも感謝しています。

クイズマジックアカデミー3(AC) メイン:カイル(賢者3段)
一応2もやってないわけではないけど、(当時は格闘ゲームメインだった)ほとんど興味なし+移住+カード紛失で(ry

Answer×Answer Live! (AC)
メイン:第2種郵便(他サブあり):ヒゲ男(ゴールドプロ)
問題文もダイバー封じのものが増えすぎた感じがします。
ブロンズに上がった途端、パワーレートが易しくなりました。時代の流れなのかな。
H27.1.30に打ち切り、筐体回収となりました。いい加減なとこ多かったけど、よく頑張りましたわ。

Answer×Answer2(AC)
メイン:第2種郵便(他サブ1枚):ヒゲ男(シルバープロ(2億パワー達成))
ゴールドラッシュ大会ですべてが(ry

Answer×Answer1(AC)
メイン:第2種郵便:ヒゲ面男(アンサー5段だったかな)
ジャイアントキリング、ヒヤヒヤする要素でもありますが、この要素がなければ初心者が離れるという現実をAnAn1時代から感じています。
実は1枚目を紛失していたりする(ry

ポケモンブラック・ホワイト以降は遠征はしていないです。
ポケモン自身が自分が知っていた時代と大幅に変わっている。なんだろうこの感覚。

ポケモン(HG,SSまで)
対人対戦実績:60勝80敗(HG,SSまでの累計)
ブラック・ホワイトが発売されて1年。旧作からポケモンの持ち込めるそうですが・・・。
公式大会のフラットルール、エメラルドタイマー、プラチナタイマーなど、対人戦の必須要素が増え、対応しきれなくなりつつあります。

GREEなどソーシャルゲーム、アプリ:パズドラなど人並みにはプレーしています。ヤフオク勢うぜー。
一応、課金アイテムも使っているけど、月に数万円使用が前提のバランスでは・・・。

それ以外は・・・めんどいから省(ry



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



黒(ぶら)っく 蝶々



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ