FC2ブログ
何でも日記(アニゲ編)
ポケモン,アーケードゲーム等をテーマにした記事を書く予定です。更新は,ネタ次第。本業が忙しいけどまだ続いています。HNのハガキ,元々は懸賞が趣味で,はまっていた時代があったのですが,飽きました。今の懸賞はメールになってきています。
H21.2.28 タテマチ大会ダイジェスト
お待たせしました。ここからダイジェストを書きます。結果とあわせてご覧ください。

まず,グダグダ進行については申し訳ありませんでした。一度でも実験していればわかった問題もあっただけに反省しています。あと,頭の中で整理できていなかったみたいで,大分AnAnのこと言っていたみたいでした。このことも反省しています。

こんな大会でしたが,皆様,参加ありがとうございます。

当初予定していたルールは,センターモニターの不具合により使用できなくなったため,変更する必要が生じました。
参加者が8名で,全員金属賢者か宝石賢者であったため,ハンデも2段階としました。実際対象となったのは1回戦です。

それでは始めます。プレーヤーの敬称は略とします。

1回戦
くじ引きにより,ジャンルと形式を封印します。金属賢者は1箇所ずつ,宝石賢者は2箇所ずつを封印します。くじについても,管理ミスで混乱をまねき,申し訳ありませんでした。

1回戦第1試合
くじの結果は以下のとおりです。(①~④は席順で,宝石賢者は合計4箇所の封印となります)
①サラ(白銀3段):スポーツ・スロット 
②ろっくうぇる(紫宝):スポーツ・雑学・○×・連想 
③YEN(金剛):アニメ・学問・ビジュアル・多答 
④びーま(黄玉):スポーツ・学問・○×・四択

試合の動きがあったのは第2セット。他のプレーヤーが1ミス以内で抑えている中,YENが単独2ミスを含め3ミスをする。
決定打となったのは第4セット。YENが5ミスと大炎上,サラ,ろっくうぇるが3ミスをする中,びーまがノーミスでおさめこのまま1位となった。2位は全体を6ミスに抑えたろっくうぇる。3位サラとは1問差であった。
サラはくじで得意のスロットを封印されたのが,YENは自選のサッカーにて正解率80%以上の易問が集中したのが痛かったか。

1回戦第2試合
くじの結果は以下のとおりです。(①~④は席順で,宝石賢者は合計4箇所の封印となります)
①ハガキ(黄金10段):学問・連想 
②ファウスト(白銀10段):アニメ・ランダム 
③あさき(黄玉):ノンジャンル・学問・並・ランダム 
④アオイ(天青):アニメ・スポーツ・四文字・ランダム

全体的に正解率が20%以下の難問が続く中,いかに正解を拾うかがポイントとなった。これが大きく出たのが第2セットの学問タイピング,ファウストが3ミス,ハガキが4ミス,あさきとアオイが5ミスの大炎上となった。
第3セットにおいても,ハガキとファウストは1ミス,アオイが2ミス,あさきが3ミスと差が少しずつ大きくなる。
決定的になったのは第4セット。ファウスト,あさきが4ミスする中,ハガキ,アオイが2ミスで抑えそのまま1位,2位となった。ファウストは第2,3セットの貯金を第4セットで吐き出す形になり2点差で涙を飲む形となった。

ここから決勝戦です。ここでも☆の計算に手間取ったり,賭ける☆の数の申請用の紙を用意していなかったり,すべてが後手後手になってしまい申し訳ないです。
説明についても,例を示した表を用意するべきでした。

決勝戦第1ラウンド
この試合はノンジャンルランダム固定で,ここでの順位と取得得点が,後半の逆転ラウンドでの☆数に影響します。

形式の性格上,全体的な対応力が大きなポイントとなった。アオイが12ミス,ハガキが13ミスする中,びーまとろっくうぇるが7ミスに抑えそのまま順位が確定した。びーまとろっくうぇるの点差は1.4。どっちが勝ってもおかしくなかったが,逆転ラウンドがあるのでまだわからない。

獲得☆数の計算は以下の要素からの計算となる。

・1回戦1位通過者は2個,2位通過者は1個獲得。
・決勝戦第1ラウンドの結果に応じ,1位・6個,2位・4個,3位・2個,4位・1個獲得。
・1回戦,決勝戦第1ラウンド時の取得得点に応じ☆数を支給。計算法はそれぞれの試合の点数を100で割り,小数点を切り上げた値とする。

その結果,以下の数の☆が支給された。

アオイ   1+2+2+2=7個
びーま   2+4+4+3=13個
ハガキ   2+1+3+2=8個
ろっくうぇる 1+6+3+3=13個

決勝戦逆転ラウンド
獲得した☆をもとに何個賭けるかを申請します。(賭ける数に制限はなし,賭けた☆数は試合終了時の最終結果発表時に公表)
1位は賭けた☆の3倍を獲得,2位は賭けた☆の2倍を獲得,3位は賭けた☆のだけ没収,4位は賭けた☆の2倍の没収となります。

(例1:☆10個のプレーヤーが3個星を賭け1位だった場合,最終的には10-3+3×3=16個となる) 
(例2:☆10個のプレーヤーが3個星を賭け4位だった場合,最終的には10-3-3=4個となる) 

くじの結果により,以下のジャンル・形式が使用可能となった。
ノンジャンル・アニメ・芸能・学問・○×・四択・ランダム

逆転ラウンドを見ると,全体的にアニメが集中する流れとなった。大きく試合が動いたのが,第3セットの理系と第4セットのアニメ4択。
この2セットでびーまが3ミスで抑え,そのまま1位となった。2位は4ミスに抑えたろっくうぇる。アオイとハガキはアニメ4択で大炎上を起こしたのが痛かった。
さて合計の☆の数はどうなったのか。

最終結果(☆数が同数の場合は逆転ラウンド時の順位で判断する)
アオイ   (基本☆数) 7個 (賭けた☆数)  2個
びーま   (基本☆数) 13個 (賭けた☆数) 13個
ハガキ   (基本☆数) 8個 (賭けた☆数)  6個
ろっくうぇる (基本☆数) 13個 (賭けた☆数) 13個

(逆転ラウンドの結果による最終的な☆数と最終順位)
アオイ     7-2-2=3個 3位
びーま    13×3=39個 1位
ハガキ    8-6×1=2個 4位
ろっくうぇる  13×2=26個 2位

上位2人が同じ数の☆を賭けていたため,逆転ラウンドの順位がそのまま最終順位となった。
一方下位については,賭けた☆の数が大きく左右し,逆転する形となった。

びーまは先月のタテマチ大会に続き2連覇。しかしろっくうぇるもあと一歩まで追い詰めることとなり,見ごたえのある試合となった。

(番外編)
実は逆転ラウンドの作戦時間の間,待ち時間が生じたのでオマケの5~8位決定戦を行いました。
決定戦の前に,逆転ラウンド用のくじも引くべきであり,ここも不手際だったかな。
結果についてもダイジェストを書きます。

全体的に雑学が集中した。ここでサラの雑学スロット職人の本領が発揮される。2セットあった雑学スロットにおいて,3人が4ミス以上する中,彼だけが全問正解となった。そのうち100点満点1回と精度の高さを見せ付けた。全体的順位はというと,雑学多答で差がつかなかった中,ここでも難問が続いた学問タイピングの正解数が順位にそのまま影響した。

最終順位は以下のようになった。
1位 びーま
2位 ろっくうぇる
3位 アオイ
4位 ハガキ
5位 サラ
6位 YEN
7位 ファウスト
8位 あさき
スポンサーサイト



テーマ:クイズマジックアカデミー - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/03 16:53】 | # [ 編集]

こちらこそ参加感謝します。
鯖江とかぶったとはいえ,少人数の大会で・・・それでも運営謙選手はかなりきつかったので,マオさんやジャンヌさんの大変さがわかりました。

ルールに関してはまだ見直す必要があるといいたいところですが,もうQMA6稼動になるから,また1から練り直しになりそうです。さてどうしようか。
【2009/03/03 18:26】 URL | ハガキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hagaki.blog52.fc2.com/tb.php/256-e232356e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハガキ

Author:ハガキ
北陸に移住し何年もたちました。H27.3に開業となる北陸新幹線に間に合わせようと、いろんなところで再開発が進んでいるようです。家関係の値段も上がった。
QMA、AnAnの試合結果の写真に関しては、主催者等の許可が取れたものについて載せる予定です。
さすがにひどいものは自分から直しますが、それ以外に気になるところがあったら連絡ください。

あと #アロエちゃんいぇーい

ツイッター http://twitter.com/hagaki50

クイズマジックアカデミー暁の鐘(AC)
メイン:だいにしゅUびん(クララ)(サブもあり)
厳しすぎる仕様、ストーリーのなさ、絵・音楽の劣化など散々言われているのを聞きますが、こちらも長く付き合っていた故何とか対応しようと頑張っています。
ところで「暁の鐘」ってなんだろう?昇格のためのベルのこと?

クイズマジックアカデミー天の学舎(AC)
メイン:だいにしゅUびん(アロエ)(転生前はセリオス。サブもあり)
ここはH26.3からの値上げがすべての運命を決めてしまった気がしました。トナメ、協力プレー環境も崩壊。恩恵を受けている身分とはいえ、人が離れないようバラ撒いているように見えます。
音ゲにおいても、○曲保障、解禁の難易度低下(なくなるのではとも言われています)が進んでいます。

クイズマジックアカデミー賢者の扉Season1・2(AC)
メイン:だいにしゅUびん(クララ:転生してもキャラは変えなかった)(サブもあり)
8文字になったのでそれっぽくできるように(ry
AnAn張りのイベントが増えたけど、誕生日イベントを殺伐とさせてどーするの?

クイズマジックアカデミー8(AC)
メイン:ハガキP(クララ:黄金賢者)(サブもあり)
ディやDにしたら怒られた(´・ω・`)
近所の店がなくなり,移動に30分以上かけてプレーしている現状・・・片町近辺も再開発中です。
7までの反省を踏まえ、少しずつ調整されています。アンアン主体から少しずつ戻っていました。

クイズマジックアカデミー7(AC) メイン:リック(青銅賢者だったような)
QMA5、6の変化もひどいものでしたが、QMA7はそれを越えました。昔のキャラを中途半端に切り捨てる暴挙は許せるものでありません。
この時期はQMAから離れていて、末期に少しやったくらい。

クイズマジックアカデミー6(AC) メイン:セリオス(白銀賢者4段だったかな?)
サブジャンルの中途半端な統合、形式の中途半端な統合など、何もかもが中途半端に感じました。この頃からアンアンにシフトを移していった。
タテマチの件については、井の中の蛙だったのかも。

クイズマジックアカデミー5(AC) メイン:セリオス(黄金賢者10段)
すべては昇格試験。それに尽きます。公式でも黒歴史になったようですので、これ以上は言いますまい。

クイズマジックアカデミー4(AC) メイン:カイル(金剛賢者)
この時からやりこむ頻度が上がりました。タテマチの皆様にも感謝しています。

クイズマジックアカデミー3(AC) メイン:カイル(賢者3段)
一応2もやってないわけではないけど、(当時は格闘ゲームメインだった)ほとんど興味なし+移住+カード紛失で(ry

Answer×Answer Live! (AC)
メイン:第2種郵便(他サブあり):ヒゲ男(ゴールドプロ)
問題文もダイバー封じのものが増えすぎた感じがします。
ブロンズに上がった途端、パワーレートが易しくなりました。時代の流れなのかな。
H27.1.30に打ち切り、筐体回収となりました。いい加減なとこ多かったけど、よく頑張りましたわ。

Answer×Answer2(AC)
メイン:第2種郵便(他サブ1枚):ヒゲ男(シルバープロ(2億パワー達成))
ゴールドラッシュ大会ですべてが(ry

Answer×Answer1(AC)
メイン:第2種郵便:ヒゲ面男(アンサー5段だったかな)
ジャイアントキリング、ヒヤヒヤする要素でもありますが、この要素がなければ初心者が離れるという現実をAnAn1時代から感じています。
実は1枚目を紛失していたりする(ry

ポケモンブラック・ホワイト以降は遠征はしていないです。
ポケモン自身が自分が知っていた時代と大幅に変わっている。なんだろうこの感覚。

ポケモン(HG,SSまで)
対人対戦実績:60勝80敗(HG,SSまでの累計)
ブラック・ホワイトが発売されて1年。旧作からポケモンの持ち込めるそうですが・・・。
公式大会のフラットルール、エメラルドタイマー、プラチナタイマーなど、対人戦の必須要素が増え、対応しきれなくなりつつあります。

GREEなどソーシャルゲーム、アプリ:パズドラなど人並みにはプレーしています。ヤフオク勢うぜー。
一応、課金アイテムも使っているけど、月に数万円使用が前提のバランスでは・・・。

それ以外は・・・めんどいから省(ry



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



黒(ぶら)っく 蝶々



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ